linux

systemdエッセンシャル

RHEL8 で systemd の出力やログを読んで理解できないときに、どこを調べたらいいか見当がつくようになることを目標として、systemdの基本的な考え方や、調べるときに中心になりそうなトピックを紹介する資料。RHEL 8を想定しています。

Red Hat Enterprise Linuxを使う前に読む資料

Red Hat Enterprise Linux (RHEL)を使う前にサポート要件やライフサイクルの考え方、更新の案内、rpmパッケージ、SLAなどについてざっくりまとめた資料。 社内で新しく入社した人むけにまとめた資料。 一般にも便利そうなので公開します。もろもろ省略されて…

「Linuxデスクトップ元年」から20年経った

僕にとってはLinuxデスクトップ元年は学部4回生だった1999年あたりにきて、一瞬(研究室でMacbookを買ってもらって結局firefox+emacs+端末しか触らなくなったという)浮気した時期があったものの20年ほど主なデスクトップ環境としてはLinuxだけを使う生活をし…

Image Builder

Red Hat Tech Night 2019.11で話したスライドとデモ動画です。

Red Hat Enterprise Linux 8 の嬉しいところ

Red Hat Forum Tokyo 2019の資料です。 Red Hat Enterprise Linux 8 の概要と、おおきく3つのトピック「VM,コンテナでのテプロイ」「運用管理」「新しいOSSやサービスの利用」の側面でRed Hat Enterprise Linux 8がどう良くなったかを紹介します 以下に動画…

flatpak

flatpak, OSTree, flathubをちょっと紹介します。 Red Hat Tech Night 2019.11 のボツネタです。

深夜systemd雑談

深夜に某IRCでsystemdの話してたのをちょっと編集したログ コマンドオプション順序 ar*******> sudo systemctl hogehoge start にしてほしかった moriwaka> sudo service hogehoge start とすればいいんじゃないかな moriwaka> LSBにserviceがある限りたぶん…

systemdのめっちゃ嬉しい機能をダラダラと説明する

2018/06/07〜2018/06/08 あたりにtwitterでつぶやいたsystemdのうれしいシーンまとめ Package管理と相性がよい sysvinitのスクリプトちょっといじってulimit文足したあとにパッケージupdateしたら消えたりしたことがある人はsystemdならその不幸はもう起きな…

元号の処理がどこで行われているか探してみる

この記事はLinux Advent Calendar 2016の4日目の記事です。わりとマイナーな機能ですが、linuxでja_JP.utf8のlocaleで以下のようにコマンドを叩くと、元号をちゃんと処理して表示してくれたりします。 $ LC_TIME=C date +'%EY'2016$ LC_TIME=ja_JP.utf8 date…

OOM Killerにであったら何をするべきか?

OOM killerで大事なプロセスが殺される。困りますね。。 google で OOM Killerと入力すると 「無効」とか補完されます。しかしどうするのが良いのか、あまりよく説明されている記事がみあたらなかったので自分の考えをメモしておきます。 OOM Killer の目的…

logitechのマウスから謎のイベントが発生してハマった話と暫定的な対策

今にいたるも正確な原因はつかめていないのだが、同じようなハマり方をする人がいるかもしれないのでメモ。 問題 1. 自宅および会社のX環境で、logitech(logicool)の M705, Performance MXを楽しく使っていたのだが、不定期にフォーカスの動き方がおかしくな…

RHEL7でとったスナップショットにroot fsをロールバックするメモ

snapperで作ったスナップショットに戻したい なにもなかったことにしたいとき、あります。 というわけでsnapperで取得したsnapshotの差分をとって…… というのではなく、まるごとそのまま前の状態にもどしましょう。 rootfs切り替え時の注意 RHELだと/bootはL…

RHEL7でスナップショットとり放題設定をためしたメモ

インストール RHEL7のインストーラではインストール対象としてLVM thinprovisioningが選択できるようになっている。ここを選択して、適当に空きが残るように容量を設定しておく。 状態を確認 操作する前に現在の状態を確認 [root@localhost log]# lsblk NAME…

freeの出力が大幅改善された話

最近freeコマンドを叩くとこんな感じで出力されます。 $ free total used free shared buff/cache available Mem: 20209620 3859396 6594188 502492 9756036 15323144 Swap: 32767996 0 32767996 availableってなんでしょう? そして -/+ buffers/cache の行…

IPアドレスのvalid lifetime

ip addr とかで 3: em1: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000 link/ether d4:3d:7e:dc:c8:ad brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 10.64.193.115/23 brd 10.64.193.255 scope global dynamic em1 valid_lft 82874sec preferred_lft 82874sec…

systemd-udevdによるNIC命名とbiosdevnameがまざって混乱する件

最近のsystemd-udevdはlinuxのネットワークインタフェース名を設定します。それにともない特にRHEL界隈でNIC命名規則が複雑になってきたので紹介します。。 問題: linuxカーネルはNICの名前をドライバ初期化順につけるので名前とNICの対応が安定しない。再起…

なぜ cdromグループに入っていないユーザーがCD, DVDを焼けるか、あるいははじめてのsystemd-logind

このあいだ「今度買うハードウェアはDVDマルチライタがついているんだけど、読み込みは許可しつつ焼けないように制限かけたい」って質問されたら、意外に奥が深かったので再現風にまとめ。 事前の予想 自分のデスクトップにLinuxを使いはじめてから15年くら…

/proc/cpuinfoを目で読むのがつらい

最近のコンピュータだとCPUのコア数やスレッド数が多いので/proc/cpuinfoを直接読むよりまとめて出力してくれるlscpuやhwlocをつかったほうがよい。最近コア数とか多いですね。デスクトップでもCore i7だと8スレッドとかありますしサーバだと4ソケット40コア…